以前のリビジョンの文書です


波動関数

getwfs スクリプト

使い方

出力ファイルが山のようにできるので、どこでコマンドを実行するかよく考えてから実行すること。

-w をつけなければgettotaldensityコマンドと同じ働きをする。

$ getwfs 
usage: getwfs [-w] input_nc_file output_file_prefix
 
options:
  -h, --help          show this help message and exit
  -w, --wavefunction  create xyz format files for all wavefunctions
 
$

makevestafile スクリプト

単位格子ベクトルが互いに直交しない場合、ASEのWriteCube関数がつくるGaussian CubeフォーマットのファイルをVESTAが正しく処理しないようなので、VESTAファイルを直接書き出すスクリプトを作成した。cubeファイルを埋め込む場合ここでつくったVESTAファイルと埋め込まれたCUBEファイルは必ず同じディレクトリになければならない。VESTAファイルを直接テキストエディタで開きCUBEファイルの名前を相対パス名で書けば任意の場所にVUBEファイルをおくこともできる。

使い方

$ makevestafile 
usage: makevestafile [-e embeded_cube_file] input_nc_file output_vesta_file
 
options:
  -h, --help            show this help message and exit
  -eembeded_cube_file, --embed=embeded_cube_file
                        Embed the embeded_cube_file in the output_vesta_file.
ab_initio/波動関数.1243236300.txt.gz · 最終更新: 2009/05/25 16:25 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0