差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

lectures:ncreport1 2009/10/29 17:35 lectures:ncreport1 2009/10/31 14:24 現在
ライン 5: ライン 5:
{{:lectures:lcr.png?200|図1:LCR直列回路}} {{:lectures:lcr.png?200|図1:LCR直列回路}}
-図のようなLCR直列回路について、 +図のようなLCR直列回路について、時刻0に回路を閉じた(スイッチを入れた)とき、 
-  - <latex>V(t)</latex><latex>V(t)</latex>が1[V]に近づく辺りまでグラフに表せ。+  - <latex>V(t)</latex>の時間変化を<latex>V(t)</latex>が1[V]に近づく辺りまでグラフに表せ。
  - <latex>t=\tau_1(=\sqrt{LC})</latex>での電流を数値微分により求めよ。
   - <latex>t=\tau_1(=\sqrt{LC})</latex>での電流を数値微分により求めよ。

ただし回路定数は次の数値を用いよ。 ただし回路定数は次の数値を用いよ。
|  学生番号の末尾1桁  |  L  |  C  |  R  |  学生番号の末尾1桁  |  L  |  C  |  R  | |  学生番号の末尾1桁  |  L  |  C  |  R  |  学生番号の末尾1桁  |  L  |  C  |  R  |
-|  TxyDab1  |  0.1[mH]  |  0.1[μF]  |  1.0[kΩ]  |  TxyDab6  |  0.2[mH]  |  0.1[μF]  |  2.0[kΩ]  | +|  TxyDab1  |  0.1[mH]  |  0.2[μF]  |  1.0[kΩ]  |  TxyDab6  |  0.2[mH]  |  0.1[μF]  |  2.0[kΩ]  | 
-|  TxyDab2  |  0.1[mH]  |  0.2[μF]  |  2.0[kΩ]  |  TxyDab7  |  0.2[mH]  |  0.2[μF]  |  1.0[kΩ]  | +|  TxyDab2  |  0.1[mH]  |  0.3[μF]  |  1.0[kΩ]  |  TxyDab7  |  0.2[mH]  |  0.3[μF]  |  1.0[kΩ]  | 
-|  TxyDab3  |  0.1[mH]  |  0.3[μF]  |  1.0[kΩ]  |  TxyDab8  |  0.2[mH]  |  0.3[μF]  |  2.0[kΩ]  | +|  TxyDab3  |  0.1[mH]  |  0.5[μF]  |  0.5[kΩ]  |  TxyDab8  |  0.2[mH]  |  0.4[μF]  |  0.5[kΩ]  | 
-|  TxyDab4  |  0.1[mH]  |  0.4[μF]  |  2.0[kΩ]  |  TxyDab9  |  0.2[mH]  |  0.4[μF]  |  1.0[kΩ]  | +|  TxyDab4  |  0.1[mH]  |  0.6[μF]  |  0.5[kΩ]  |  TxyDab9  |  0.2[mH]  |  0.5[μF]  |  0.5[kΩ]  | 
-|  TxyDab5  |  0.1[mH]  |  0.5[μF]  |  1.0[kΩ]  |  TxyDab0  |  0.2[mH]  |  0.5[μF]  |  2.0[kΩ]  |+|  TxyDab5  |  0.1[mH]  |  0.7[μF]  |  0.2[kΩ]  |  TxyDab0  |  0.2[mH]  |  0.6[μF]  |  0.2[kΩ]  |
 +===== レポート作成上の注意(今回のみ) =====
 +  * この問題に限り、このページの画像ファイル(lcr.png)に限り、引用元(このサイト)を明示せずにレポートに引用することを許可する。引用する際は必ずサイズを調整せよ。
 +
  ; 課題出題   ; 課題出題
  : 2009年10月30日   : 2009年10月30日
ライン 23: ライン 26:
  ; 提出場所   ; 提出場所
  : 17号館3階垣谷研究室(扉の前にワゴンが出してあるのでそこに提出)   : 17号館3階垣谷研究室(扉の前にワゴンが出してあるのでそこに提出)
-===== レポート作成上の注意(今回のみ) ===== +
-  * この問題に限り、このページの画像ファイル(lcr.png)を引用元(このサイト)を明示せずにレポートに引用することを許可する。+
===== レポート作成上の注意(毎回) ===== ===== レポート作成上の注意(毎回) =====
  * 用紙はA4用紙に横書きし、左側をステプラ((いわゆるホッチキス))で綴じる。   * 用紙はA4用紙に横書きし、左側をステプラ((いわゆるホッチキス))で綴じる。
ライン 34: ライン 36:
  * レポート返却時に本人不在の場合は欠席と見なす。   * レポート返却時に本人不在の場合は欠席と見なす。
  * 考察の無いものは採点しない。   * 考察の無いものは採点しない。
-  * 著作権法上の引用のルールに則らない引用は認めない。すなわち講義資料をコピーしただけのようなものなどは不可。+  * 著作権法上の引用のルール((引用元の明示、改変の不可、本文が主で引用は従))に則らない引用は認めない。すなわち講義資料をコピーしただけのようなものなどは不可。 
lectures/ncreport1.1256805352.txt.gz · 最終更新: 2009/10/29 17:35 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0