差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

lectures:ncreport2 2009/11/05 20:37 lectures:ncreport2 2009/11/05 20:37 現在
ライン 4: ライン 4:
  - 学生番号TxxD//ABC//の者は(//C//+2)の(//B//+3)乗根を求めよ。\\ 例) T99E146の場合8の7乗根,即ち\\ <latex>x^7-8=0</latex>\\ の解を求める。   - 学生番号TxxD//ABC//の者は(//C//+2)の(//B//+3)乗根を求めよ。\\ 例) T99E146の場合8の7乗根,即ち\\ <latex>x^7-8=0</latex>\\ の解を求める。
-  - <latex>x^2+\tan^2x=16</latex> の解を求めよ。ただし<latex>x>0</latex> とする。\\ 一般に <latex>x^2+\tan^2x=16</latex> の解は <latex>y=\tan x</latex> とおくと <latex>y=\tan x</latex> と  <latex>x^2+y^2x=16</latex>
 との交点である。 +  - <latex>x^2+\tan^2x=16</latex> の解を求めよ。ただし<latex>x>0</latex> とする。\\ 一般に <latex>x^2+\tan^2x=16</latex> の解は <latex>y=\tan x</latex> とおくと <latex>y=\tan x</latex> と  <latex>x^2+y^2=16</latex>
 との交点である。
===== レポート作成上の注意(今回のみ) ===== ===== レポート作成上の注意(今回のみ) =====
lectures/ncreport2.txt · 最終更新: 2009/11/05 20:37 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0