差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

lectures:ncreport3 2009/11/12 15:15 lectures:ncreport3 2009/11/12 15:16 現在
ライン 6: ライン 6:
  - 学生番号がTxxDx//LM//の者は //M//が偶数のとき\\ <latex>\displaystyle\int_{0}^{\infty}x^{N+1}{\rm e}^{-x}{\rm d}x</latex> \\  //M//が奇数のとき\\ <latex>\displaystyle\int_{0}^{\infty}x^{N+1}{\rm e}^{-x^2}{\rm d}x</latex> \\  を数値積分により計算せよ。ただし//N//=//L// % 3とする。   - 学生番号がTxxDx//LM//の者は //M//が偶数のとき\\ <latex>\displaystyle\int_{0}^{\infty}x^{N+1}{\rm e}^{-x}{\rm d}x</latex> \\  //M//が奇数のとき\\ <latex>\displaystyle\int_{0}^{\infty}x^{N+1}{\rm e}^{-x^2}{\rm d}x</latex> \\  を数値積分により計算せよ。ただし//N//=//L// % 3とする。
===== レポート作成上の注意(今回のみ) ===== ===== レポート作成上の注意(今回のみ) =====
 +どちらの積分も厳密に計算できるので、誤差を見積もるのは容易なはずである。この期に及んで積分できないとぬかすヤツは研究室まで出頭せよ。
  ; 課題出題   ; 課題出題
lectures/ncreport3.txt · 最終更新: 2009/11/12 15:16 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0