差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

lectures:report20130712 2013/06/17 12:44 lectures:report20130712 2013/06/17 12:45 現在
ライン 8: ライン 8:
  * __適当な例を思い付かない時には__[[report20130531|課題(1)の問題]]を採用せよ。   * __適当な例を思い付かない時には__[[report20130531|課題(1)の問題]]を採用せよ。
-{{:lectures:lcr2.png?240|}} 図のようなLCR直列回路について、//t//=0 でスイッチを閉じたときの//V//(//t//)と//I//(//t//)を数値的に求めよ。(ただし、回路定数は必ずしも課題(1)のときの値でなくともよいが、講義で使用した回路定数は不可。配布した抵抗値の単位をkΩではなくΩにすると面白い結果が得られる組み合わせが多い。)+{{:lectures:lcr2.png?240|}} 図のようなLCR直列回路について、//t//=0 でスイッチを閉じたときの//V//(//t//)と//I//(//t//)を数値的に求めよ。(ただし、回路定数は必ずしも課題(1)のときの値でなくともよいが、講義で使用した回路定数は不可。)
* [[program | 夏休み前特別付録]] * [[program | 夏休み前特別付録]]
lectures/report20130712.txt · 最終更新: 2013/06/17 12:45 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0