インストール作業概要

MacOSXにおけるインストールは大体、以下の4つに分類される。

  1. バイナリファイル1)のインストール
  2. インストールパッケージによるインストール
  3. ソースコードをコンパイルしてのインストール
  4. Fink等のインストーラを用いてのインストール

バイナリファイルのインストール

入手したバイナリファイルを、ハードディスク内の任意のフォルダに格納するだけです。 が、OSのバージョンによって正常に動かないことがあるので注意してください。

垣谷研の場合、普通のMacOSX用バイナリファイルは/LocalApps/の中に、X11用のバイナリファイルは/usr/X11R6/bin/に格納するようにしてください。

インストールパッケージによるインストール

CDや、インターネットを通じて、入手したインストールパッケージ (.pkgという拡張子のついたファイル) をダブルクリックするとインストーラが立ち上がる。選択肢を選んでいくとインストールが始まり、適当なフォルダにバイナリファイルや、マニュアル等が格納されます。

ソースコードからのインストール

例えば、UNIX由来のアプリケーションであれば、 コマンドラインで、 入手したソースコードの格納されているフォルダに移動し、

$  ./configure   #システムの情報を収拾、判断し
$  make          #ソースをコンパイルして
#  make install  #インストール

等と打ち込めば、インストールされる、、、かも? 運がよければ。

Finkを用いてのインストール

finkをインストールすれば、よりエレガントにインストール作業を行える(かもしれない)。

オープンソースな、UNIXソフトで、尚且つFinkプロジェクトに登録されているのならば、

# fink install name_of_software

と、コマンドラインで打ち込めば、欲しいソフトウェアと、 そのソフトウェアを動かすのに必要なソフトウェアの「ソース」を ダウンロードした後、「コンパイルして」、インストールする。

また、

# apt-get install name_of_software

と、コマンドラインで打ち込めば、欲しいソフトウェアと、 そのソフトウェアを動かすのに必要なソフトウェアの「バイナリファイル」を ダウンロードした後、インストールしてくれる。

1) 実行形式ファイル
macosx/インストール作業概要.txt · 最終更新: 2009/02/18 00:34 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0