都市雑感

Düsseldorf

Düsseldorfに着くとまずはTourist Informationを訪れます。 新しい街につくとまずTourist Informationを訪れるのが ヨーロッパの旅の鉄則といえるでしょう。 地図も手に入りますし、宿も探せます。なによりここだけは必ず英語が通用します。

デュッセルドルフでの宿はユースホステルです。アムステルダムからユースホステルに電話をして場所を確認しました。

「トレインで行くんですが、どこで降りたらいいですか?」
「デュッセルドルフ中央で降りて、そのあとxxx番のバスに乗ってください」
「すぐ判りますか」
「バスストップの前です。すぐ判ります。」

問題はデュッセルドルフ中央駅のバス乗り場の方でした。どこにあるんだろう。 で、最初に書いたようにツーリストインフォーメイションに飛び込んだわけです。
「バス停はどこ?」
「そこ」
おやまあ、間抜けですね。

言われたとおりバス乗り場で行き先案内を食い入るように見ていますと
「日本からですか?」
「えっ、ええ、まあ」(なんて日本人的受け答え)
「どこまでですか」
「このユースなんですが」
「ああ、そこなら一緒です。私もう随分長くそこに滞在してるんですよ。」
Düsseldorfで職探しをしているという日本人のねえちゃんでした。 Düsseldorfは日本人が多いと聞いてはいましたが、これほどとは思わなかった。 おかげでここでは日本語の新聞が手に入りました。 「うーん、やっぱりえらいことになっとるなあ」1)

幻の「ロンドン通信」より

1) このときソ連ではかのゴルバチョフが軟禁されるとかいうクーデターが起きていたのでした
miscs/duesseldorf.txt · 最終更新: 2009/06/05 12:26 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0