ロンドン通信

銀行編パート2

銀行口座開設後、2週間ほどするとキャッシュカードと暗証番号が郵便で(!)送られてきました。 さすが郵便制度発祥の地! こっちの人は小切手でもなんでも郵送します(現金以外は)。 やっとこれでお金が下ろせる、chequeが切れる、買物が出来る! (このキャッシュカードは正式名をBarclays Connect Cardといいましてキャッシュカードとchequeを切る際の身分証明を兼ねています。 またVISAカードとしても使えるという優れもんです。1)) というわけで、「まずは現金だな」と、South KengintonにあるCDへお金をおろしにいきました。 (余談:CDと聞いて何を想像しますか?Cash Dispencerと答えた方、あなたは立派な良識ある社会人です。 Compact Diskと答えたあなたはきっと音楽が大好きなのでしょう。 Change Directoryだと思った人はちょっとパソコンから離れた方がいいでしょう。 86系のInterrupt命令!という人は重傷です。もうあなたは社会復帰できません。) まずはスロット(?)にカードを差し込みます。
「えーと、どっち向けに入れるんや?」
どこにも表示がありません。
「まあ、まちごうとったら返ってくるやろ」
と適当に差し込むとどうやら正しかったようです。 機械は暗証番号を要求してきます。 「えーと、xxxx」 (ちなみにこの暗証番号はPIN numberと呼ばれていまして、日本のように自分で決めるのではなく、銀行がかってにきめて送ってきます。) 次はfuctionです。 Cash, Balance, Change PIN, 等から、ここはCashを選択します。 金額は好きかってな金額を入力するのではなく£10, £20, £50, £100£150, £200から選択します。 ちなみに一日に£200以上は現金化することはできません。(自分のお金やのに!) ここはひとまず£50ということにしましょう。 ところがいくら待ってもお金が出てきません。
機械はまた暗証番号を要求してきます。
「えーと、おかしいなあ。xxxx」
機械はまたまた暗証番号を要求してきます。
「えーと、まちがえたかなあ。xxxx」
機械はまたまたまた・・・。

ついには機械は何もなかったかのように初期画面に変わってしまいました。 私の後ろに列んでいたおねえさんが
「どうしたの」と声をかけてくれました。
「かくかくしかじか」と私。
「きっとPINを間違えたのよ」
そうかなあ?
土曜日の午後でした。 銀行はもう閉まっています。 私がどのような日曜日を過ごしたかはご想像にお委せします。 翌、月曜日からいそがしい日々が始まりました。 まず、銀行へいってchequeを現金化します。 Cardがあると一瞬なのですが、事情を説明しパスポートを身分証代わりにしてなんとか現金化してもらいました。 そのあと、そこのpersonal bankerに噛付きます。
「機械がぼくのCard食べちゃったんだけど」
「いつ?どこで?どうして?」
「土曜日、この前にある機械、なんでかは知らん!」
「まずあなたの口座のあるBranchに連絡しなさい。その後ここへ電話をしなさい」
大学へいってすぐMarshallおじさんに電話をします。 たまたまMarshallおじさんはいなかったので用件をいって適当な担当の人に代わってもらいました。
「機械がぼくのCard食べちゃったんだけど」
「いつ?どこで?どうして?」
またこの繰返しです。
「調べて、午後に電話をするから」
ところが待てど暮らせど電話はきません。 午後4時すぎになりました。 4時半に銀行はおしまいですから、催促の電話をしてみることにしました。 しまった!担当の人の名前を聞くのを忘れた!こうなりゃ自棄だ。 「えーと、午前中にcardのことで電話したkakitaniだけど、電話するといったから待ってんだけどどうなってんのか?」
「だーれえ?Mr. Kakitaniの電話受けたの?」
「お電話代わりました。新しいカードができるまで一週間かかります。 できましたら、郵送しますから。」
「あっ、郵送しないで。取りに行きます。できたら電話してください。」
まだこの頃、銀行に届けてある住所はJRDCのOfficeのものでした。 Iさんなかなか持ってきてくれないから。 こうしてまた一週間Cardなしの生活を送ることになったのでした。

その日、研究室にMr. Kが訪ねてきました。 彼はまだお金を下ろしたことはないようでした。 Cardを食われたことを話すと散々馬鹿にした後、彼自身お金を下ろしに行きました。

「僕もCard取られちゃった!」

と、彼が戻ってくるまで30分とかかりませんでした。

調査結果

  • 我々はBarclays Connect Card2)とBarclays VISA Card3)の2枚を申し込んでいた。
  • ところがクレジット会社の手違いでVISA Card自身が我々のところに届かなかった。
  • また銀行の手違いでConnect CardのPINが我々のところに届かなかった。
  • 結局Connect CardとVISA cardのPINのみを受け取った我々が、間違えてConnect CardのPINにVISA cardのPINを入力してしまった。

と言うことでした。

さいごに、担当してくれたBarclays Bankのpersonal BankerであるJulie Buckle嬢(ちょっとKJさんに雰囲気が似てる)から一言。
「やっぱり面と向かうと、話が通じるわあ(電話だと英語がさっぱり判らない)」
すびばせんねえ、英語が下手で。

1) 現在の知識で補足しとくと所謂デビットカードってやつ。確か、まだこのころ日本では一般的ではなかった。
2) デビットカード
3) クレジットカード
miscs/london10.txt · 最終更新: 2014/03/11 13:01 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0