ロンドン通信

家探し編パート1

4月10日
事業団のI氏に連れられてFinchleyにあるJAC Propertyという不動産屋にやってきました。 ここは日本人スタッフが案内してくれました。 ここで扱っている物件は全体的にいって若干高いかなとおもいますが、しょせん700 pondsまでは事業団もちだし、困ったときには日本語で文句をつけられる、ということもありこの不動産屋さんでお願いしようということになりました。 (英語で事実は表現できる(?)が、日本語でなければ感情、特に怒りは表現できない。)

さて、この日の目玉はなんといってもHighgateのstudioでしょう。 家賃は750 ponds per monthで少し高めですが(どこが「少し」だ!)、森のすぐそばで景色はよく、Northern LineのHighgateから歩いて5分。 間取りは一階が小さなキッチンのついたダイニングとリビングを兼ねた大きな部屋(こういうのをStudioというんだよ)で二階が寝室とバスになっています。1)

この他にもFinchleyの2 bed roomの豪華Flatなど、学生時代には考えられない、いや日本では考えられない程の豪華絢爛な住宅を見せられました。 (このぐらいで驚いてはいけなかった。 後に訪問したNECや昭和電工から来ている人はもっと田舎で、それこそ日本なら大邸宅に住んでいた。)

もっとも学生気分の抜けない我々の結論は「高い!遠い!」の一言でした。 そこで南部のputneyのofficeを教えてもらいました。

明日はputney-wimbledon方面だ!

1) Highgateのstudioですわよ、奥様!今から思えばこれにしとけばよかった
miscs/london8.txt · 最終更新: 2009/03/25 16:57 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0