ソフトウェア・アップデート・サーバの設定

$ ls /Library/Preferences/com.apple.S*
/Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate.plist
$ sudo cp /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate.plist /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate.plist.original
Password:
$ defaults read /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate CatalogURL
2014-03-07 15:24:06.967 defaults[453:507] 
The domain/default pair of (/Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate, CatalogURL) does not exist
$ sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate CatalogURL http://ssts.local:8088/catalogs.sucatalog
$ defaults read /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate CatalogURL
http://ssts.local:8088/catalogs.sucatalog
$

OS X Server では、OS X のバージョンごとに異なるカタログが公開されます。これによって、各クライアントはそのシステムにインストールされているオペレーティングシステムに関連するアップデートのみを表示できます。

OS X は Mac OS X v10.6 以降のクライアント向けのカタログをサポートしています。

クライアントコンピュータにソフトウェア・アップデート・サーバを示すには、「ターミナル」で defaults コマンドを使用します。 defaults コマンドを使用するには、管理者である必要があります。

/ライブラリ/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate.plist ファイルが存在する場合は、そのバックアップコピーを作成します。 クライアント上で、「ターミナル」(「Launchpad」の「その他」フォルダにあります)を開きます。 以下のコマンドを入力します:

$ sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate CatalogURL 
  URL

「 URL」はソフトウェア・アップデート・サーバの URL に置き換えます。これには、ポート番号と、該当する Mac OS X のバージョン用のカタログファイル名が含まれます。

例を挙げます: http://su.domain_name.com:8088/index.sucatalog 以下のコマンドを使用して、変更内容を確認します:

$ defaults read /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate CatalogURL

クライアントコンピュータに元の Apple ソフトウェア・アップデート・サーバを示すには、以下のコマンドを使用します:

$ sudo defaults delete /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate CatalogURL

上記の変更は、/Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate.plist ファイルを手順 1 で作成したバックアップコピーに置き換えると元に戻すことができます。

osx/softwareupdateserversetting.txt · 最終更新: 2014/03/07 15:40 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0