差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

research:pf3r1 2009/02/03 22:06 research:pf3r1 2009/02/03 22:48 現在
ライン 1: ライン 1:
-====== 表面の上の分子の回転 ====== +====== 表面の上の分子の回転 1 ====== 
-  - **pf3r1|はじめに** +===== はじめに ===== 
-  - Ru表面やPF3分子とはどのようなものでしょうか+固体の表面にはさまざまな物質が[[用語|吸着]]しています。吸着のしかたには固体の表面と吸着する物質の組み合わせによってさまざまなものがありますが、ある種の金属の上に3フッ化リン(PF<sub>3</sub>)という物質を吸着させると、表面の上でこの3フッ化リンの[[用語|分子]]はクルクル回っていると言われています。回転の様子は温度やどれくらいたくさん分子を吸着させたかということによって異なっています。どうして温度や吸着量を変えると回転のしかたが変わるのでしょうか。 
 + 
 +{{http://sstweb.ee.ous.ac.jp/presentations/pf3_rot_japanese/images/anim3l1.gif}} 
 +---- 
 +  * [[research:pf3_ru_rotation|戻る]] 
 + 
 +===== 目次 ===== 
 + 
 +  - **はじめに** 
 +  - Ru表面やPF<sub>3</sub>分子とはどのようなものでしょうか
    - [[pf3r21|Ru表面と3フッ化リン分子]]     - [[pf3r21|Ru表面と3フッ化リン分子]]
    - [[pf3r22|Ru表面上のPF3分子の吸着の様子]]     - [[pf3r22|Ru表面上のPF3分子の吸着の様子]]
  - 表面上でPF3分子はどのように回転しているのでしょうか   - 表面上でPF3分子はどのように回転しているのでしょうか
-    - [[pf3r31|電子線刺激脱離イオン角度分布(ESDIAD)+    - [[pf3r31|電子線刺激脱離イオン角度分布(ESDIAD)]]
    - [[pf3r32|ESDIADの結果]]     - [[pf3r32|ESDIADの結果]]
    - [[pf3r33|分子の向きの被覆度依存性]]     - [[pf3r33|分子の向きの被覆度依存性]]
ライン 19: ライン 28:
    - [[pf3r54|表面への吸着の様子]]     - [[pf3r54|表面への吸着の様子]]
  - [[pf3r6|結論]]   - [[pf3r6|結論]]
 +
 +
research/pf3r1.1233666388.txt.gz · 最終更新: 2009/02/03 22:06 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0