差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

research:pf3r22 2009/02/16 22:04 research:pf3r22 2010/03/24 23:24 現在
ライン 7: ライン 7:
[{{http://sstweb.ee.ous.ac.jp/presentations/pf3_rot_japanese/images/atop.gif|}}] [{{http://sstweb.ee.ous.ac.jp/presentations/pf3_rot_japanese/images/atop.gif|}}]
-PF<sub>3</sub>分子がRu表面に[[用語|吸着]]するときには、図のようにリン原子を下に向けて落下傘のような格好でRu原子の真上(atop席)に吸着します。分子が[[用語|吸着する場所]]は表面と吸着する物質との組み合わせで決まっていて、PF<sub>3</sub>分子がルテニウムの表面に吸着するときにはatop席にします。+PF<sub>3</sub>分子がRu表面に[[用語|吸着]]するときには、図のようにリン原子を下に向けて落下傘のような格好でRu原子の真上(atop席)に吸着します。分子が[[用語|吸着する場所]]は表面と吸着する物質との組み合わせで決まっていて、PF<sub>3</sub>分子がルテニウムの表面に吸着するときにはatop席に吸着します。 
==== 飽和吸着 ==== ==== 飽和吸着 ====
research/pf3r22.txt · 最終更新: 2010/03/24 23:24 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0