表面の上の分子の回転 3.1

表面上でPF3分子はどのように回転しているのでしょうか

電子線刺激脱離イオン角度分布(ESDIAD)

Ruの表面でPF3分子がどのように回転しているのかを調べる実験が N.J.Sack と T.E.Madey という研究者たちによって1995年に行われ、1996年にその結果が発表されました。彼等は電子刺激脱離イオン角度分布(ESDIAD)と呼ばれる方法で実験を行いました。

Electron Stimulated Desorption Ion Angular Distribution (ESDIAD)

高速の電子を固体表面にぶつけて吸着している分子の原子間の結びつきを断ち切り、結びつきの方向を反映して飛び出してくるイオンの方向分布を調べる実験技術です。今の場合リン原子とフッ素原子を結ぶ方向がわかります。


目次

  1. Ru表面やPF3分子とはどのようなものでしょうか
  2. 表面上でPF3分子はどのように回転しているのでしょうか
    1. 電子線刺激脱離イオン角度分布(ESDIAD)
  3. どのように考えたら回転状態を説明できるでしょうか
  4. その考え方でうまくいくかどうか検証してみましょう
research/pf3r31.txt · 最終更新: 2009/02/03 23:03 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0