差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

research:pf3r31 2009/02/03 23:03 research:pf3r31 2009/02/03 23:03 現在
ライン 5: ライン 5:
Ruの表面でPF<sub>3</sub>分子がどのように回転しているのかを調べる実験が N.J.Sack と T.E.Madey という研究者たちによって1995年に行われ、1996年にその結果が発表されました。彼等は**電子刺激脱離イオン角度分布(ESDIAD)**と呼ばれる方法で実験を行いました。 Ruの表面でPF<sub>3</sub>分子がどのように回転しているのかを調べる実験が N.J.Sack と T.E.Madey という研究者たちによって1995年に行われ、1996年にその結果が発表されました。彼等は**電子刺激脱離イオン角度分布(ESDIAD)**と呼ばれる方法で実験を行いました。
-==== Electron Stimulated Desorption Ion Angular Distribution (ESDIAD) ====+**Electron Stimulated Desorption Ion Angular Distribution (ESDIAD)**
research/pf3r31.txt · 最終更新: 2009/02/03 23:03 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0