差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

seminar:シェルスクリプト 2009/01/30 20:48 現在
ライン 1: ライン 1:
 +====== シェルスクリプト ======
 +
 +自動的に実行したいUNIXコマンドを単に羅列したファイルを用意しておき、逐次自動実行することができる。簡単な制御構造も備えているし、ちょっと おまじないをすることによって、自前のunixコマンドのようにも使うことができる。
 +
 +===== シェルプログラミング =====
 +
 +
 +  * ファイル名は○○○○.shにする。
 +  * ターミナルで
 +<code>
 + $ sh ○○○○.sh △△△△
 +</code>
 +と入力することにより実行される。スクリプト中で、△△△△という文字列は''$@''で参照できる。
 +
 +<code>
 +$ cat hogehoge.sh
 + #!/bin/sh
 + なんとかかんとか
 +
 +$ chmod +x hogehoge.sh
 +$ ./hogehoge.sh
 +</code>
seminar/シェルスクリプト.txt · 最終更新: 2009/01/30 20:48 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0