差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

seminar:温度制御の方法 2009/02/01 23:52 seminar:温度制御の方法 2009/02/02 00:01 現在
ライン 28: ライン 28:
==== 実習 ==== ==== 実習 ====
速度スケーリングの方法で、[[1次元W型ポテンシャル]]中を運動する1個の粒子の最安定状態を求めるプログラムを作成する。 速度スケーリングの方法で、[[1次元W型ポテンシャル]]中を運動する1個の粒子の最安定状態を求めるプログラムを作成する。
- 
==== 課題 ==== ==== 課題 ====
  - 速度スケーリングの方法で一定温度のシミュレーションを行うことができることを示す。   - 速度スケーリングの方法で一定温度のシミュレーションを行うことができることを示す。
ライン 34: ライン 33:
  * 模型   * 模型
    * [[モデルA|モデルA:隣接原子と「ばね」で繋がった原子の運動]]     * [[モデルA|モデルA:隣接原子と「ばね」で繋がった原子の運動]]
-    * [[モデルB]] +    * [[モデルB|モデルB:正方格子状の外場の中の原子]] 
-    * [[モデルC]]+    * [[モデルC|モデルC:正方格子状に並んだ下地原子と相互作用する原子の運動]]
  * プログラムの条件   * プログラムの条件
    - 一定エネルギーのシミュレーション     - 一定エネルギーのシミュレーション
seminar/温度制御の方法.txt · 最終更新: 2009/02/02 00:01 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0