表面科学におけるシミュレーション技法

表面科学の理論的研究でよく使われる研究技法はおおまかに

主に電子状態を扱う 主に原子の運動を扱う
現象論的模型計算 強結合模型
Hubbard模型
Newns-Anderson模型
経験的分子動力学
モンテカルロ法
第一原理計算 第一原理分子軌道法
擬ポテンシャル法
第一原理分子動力学

のように分類される。

現象論的模型計算

表面系のモデル

  • 1次元格子ガス模型(相互作用なし)
  • 1次元格子ガス模型(相互作用あり)
  • 2次元格子ガス模型(正方格子)
  • モンテカルロ法
  • 経験的分子動力学法

モンテカルロ法

分子動力学法

モンテカルロ法

  1. モンテカルロ法
  2. 表面系のモデル
  3. 一次元格子ガス模型(相互作用なし)
  4. 一次元格子ガス模型(相互作用あり)
  5. 二次元格子ガス模型(正方格子)

(経験的)分子動力学法

  1. 1個の粒子の運動
  2. N個の粒子の運動

分子軌道法

  1. (半経験的)分子軌道法 MOPAC
  2. (非経験的)分子軌道法 Gaussian03
  • 分子軌道法(Hartree-Fock方程式)

第一原理計算法

  1. 非経験的分子軌道法 Gaussian03
  2. 第一原理擬ポテンシャル法 Dacapo
  • 第一原理分子動力学
    • 密度汎関数理論(Kohn-Sham方程式)
      • 局所密度近似
      • 一般勾配近似
  • 波動関数の基底
seminar/calcualtion.txt · 最終更新: 2009/10/05 16:45 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0