即席蛇使い養成講座

ASEを用いてDacapoによる計算を行うためには、若干のPythonの知識が必要です。 Pythonはオブジェクト指向の汎用言語で覚えておくと非常に便利なものです。 インタープリタとして実装されているため速度面ではcやFORTRANに比べて不利ですが、非常に柔軟な拡張性を持っており、各種モジュールを読み込むことによりVTKを使った描画から、RasMolやGnuPlotの自動実行までも行うことができます。 変数宣言がいらないこと、インタープリタでその場で試しながらプログラムを書いたりデバッグしたりできること、簡単な手順でグラフィックスを扱うことができることなどを考え合わせると、現代版BASICといった趣もあります。

  1. データ構造
    Pythonで利用できるデータの種類について説明します
  2. 制御構造
    Pthonでアルゴリズムを表現するために使われる文法を紹介します。
  3. 関数・外部手続き
    数学関数を使ったり、ユーザ定義関数を作ったり、外部のライブラリ(モジュール)を読み込んだりする方法を説明します。
seminar/python_tutorial.txt · 最終更新: 2009/06/03 17:44 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0