差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

seminar:python_tutorial_lesson1 2009/06/03 17:37 seminar:python_tutorial_lesson1 2009/06/03 20:12 現在
ライン 1: ライン 1:
====== Lesson 1: データ構造と四則演算 ====== ====== Lesson 1: データ構造と四則演算 ======
-整数・実数・複素数+===== 整数・実数・複素数 =====
-pythonではおなじみの整数や実数に加えて複素数を扱うことができます。 
 +pythonではおなじみの整数や実数に加えて複素数を扱うことができます。
 +<code python>
>>> a = 2; b = 3 >>> a = 2; b = 3
>>> print a + b, a - b, a*b, a/b, a%b >>> print a + b, a - b, a*b, a/b, a%b
ライン 12: ライン 13:
>>> a = 2 + 1J; b = 3 - 2J; print a + b, a - b, a*b, a/b >>> a = 2 + 1J; b = 3 - 2J; print a + b, a - b, a*b, a/b
(5-1j) (-1+3j) (8-1j) (0.307692307692+0.538461538462j) (5-1j) (-1+3j) (8-1j) (0.307692307692+0.538461538462j)
-虚数単位はJまたはjで表します。1+jのような場合も必ず1+1jとしなければならないことに注意をしてください。実数部と虚数部とに小数点をつけなくても、それぞれ実数扱いになります。+</code> 
 +虚数単位は''J''または''j''で表します。1+jのような場合も必ず1+1jとしなければならないことに注意をしてください。実数部と虚数部とに小数点をつけなくても、それぞれ実数扱いになります。
実数部・虚数部は 実数部・虚数部は
 +<code python>
>>> a = 3 + 2J; print a.real, a.imag >>> a = 3 + 2J; print a.real, a.imag
3.0 2.0 3.0 2.0
 +</code>
のように参照できます。 のように参照できます。
-リストとタプル+===== リストとタプル =====
「配列」に相当するのが「リスト」と「タプル」です。 「配列」に相当するのが「リスト」と「タプル」です。
 +<code python>
>>> a = [1, 2, 4, 8, 16] >>> a = [1, 2, 4, 8, 16]
>>> print a[0], a[1], a[2], a[3], a[4] >>> print a[0], a[1], a[2], a[3], a[4]
1 2 4 8 16 1 2 4 8 16
 +</code>
リストの要素にアクセスする方法はc言語の配列と同様です。違うのは、 リストの要素にアクセスする方法はc言語の配列と同様です。違うのは、
 +<code python>
>>> print a[-1], a[-2], a[-3], a[-4], a[-5] >>> print a[-1], a[-2], a[-3], a[-4], a[-5]
16 8 4 2 1 16 8 4 2 1
 +</code>
おおっ、自動的に周期境界条件が?と思いきや、 おおっ、自動的に周期境界条件が?と思いきや、
 +<code python>
>>> print a[5] >>> print a[5]
IndexError: list index out of range IndexError: list index out of range
>>> print a[-6] >>> print a[-6]
IndexError: list index out of range IndexError: list index out of range
 +</code>
残念。そうは問屋が下ろしません。 残念。そうは問屋が下ろしません。
 +<code python>
a = [1, 2]; b = [4, 8]; print a + b a = [1, 2]; b = [4, 8]; print a + b
[1, 2, 4, 8] [1, 2, 4, 8]
ライン 64: ライン 72:
>>> a = (1, 2, 4, 8); a[1] = 16 >>> a = (1, 2, 4, 8); a[1] = 16
TypeError: object doesn't support item assignment TypeError: object doesn't support item assignment
 +</code>
-range()関数+===== range()関数 =====
-range()は整列した整数からなる「リスト」を作り出す関数です。+''range()''は整列した整数からなる「リスト」を作り出す関数です。
 +<code python>
>>> a = range(4); print a >>> a = range(4); print a
[0, 1, 2, 3] [0, 1, 2, 3]
ライン 75: ライン 85:
>>> a = range(-3, 4, 2); print a >>> a = range(-3, 4, 2); print a
[-3, -1, 1, 3] [-3, -1, 1, 3]
 +</code>
 +
range()で作成される「リスト」の要素は「整数」だけです。 range()で作成される「リスト」の要素は「整数」だけです。
 +<code python>
>>> a = range(-3.1, 4.2, 2.2); print a >>> a = range(-3.1, 4.2, 2.2); print a
DeprecationWarning: integer argument expected, got float DeprecationWarning: integer argument expected, got float
[-3, -1, 1, 3] [-3, -1, 1, 3]
 +</code>
seminar/python_tutorial_lesson1.txt · 最終更新: 2009/06/03 20:12 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0