VESTA

MacOSX版

VESTAは起動時、ホームディレクトリに.VESTA-ユーザ名というlock fileをつくろうとするが、 Mac OS X Server でホームディレクトリを管理していると、これがうまくいかない。現在のところ正攻法を 思いついていないので、以下のようなスクリプトをつくってホームディレクトリを/tmpであるかのようにVESTAを騙す ことにより、これに対処している。

#!/bin/sh
export HOME=/tmp
/LocalApps/VESTA/VESTA.app/Contents/MacOS/VESTA &
echo "このウィンドウを閉じてください"

「シェルスクリプトとかのCUIアプリケーションをMacOSX方式の.appにする方法」を参考にLocal_VESTA.appなるものをつくってみた。 こっちの方がスマート

$ ls /LocalApps/VESTA/VESTA.app/Contents/MacOS/
VESTA
$ mkdir Local_VESTA/
$ mkdir Local_VESTA/Contents
$ cp -r /LocalApps/VESTA/* Local_VESTA/Contents/
$ mkdir Local_VESTA/Contents/MacOS
$ mkdir Local_VESTA/Contents/Resources
$ cp /LocalApps/VESTA/VESTA.app/Contents/Resources/*.icns Local_VESTA/Contents/Resources/
$ cp /LocalApps/VESTA/VESTA.app/Contents/Info.plist Local_VESTA/Contents/
$ cat > Local_VESTA/Contents/MacOS/VESTA
#!/bin/sh
#!/bin/sh
export HOME=/tmp
VISTA_PATH=$0
VISTA_PATH_LEN=`echo $VISTA_PATH | wc | awk '{print $3-12}'`
VISTA_PATH_COM=`echo $VISTA_PATH | cut -c-$VISTA_PATH_LEN`
open `echo $VISTA_PATH_COM"VESTA.app"`
^D
$ chmod a+x Local_VESTA/Contents/MacOS/VESTA 
$ mv Local_VESTA Local_VESTA.app

スクリプト等をappにする方法

Linux版

ubuntu 8.10

$ bzip2 -d VESTA-i686.tar.bz2 
$ tar xvf VESTA-i686.tar 
$ cd VESTA-i686/
$ ./VESTA 
./VESTA: error while loading shared libraries: libtiff.so.3: cannot open 
shared object file: No such file or directory

そこで/usr/lib/libtiff.so.3/usr/lib/libtiff.so.4のシンボリックリンクを張ってみた。

$ ./VESTA 
Segmentation Fault

libtiff version 3をソースからコンパイルしてlibtiff.so.3をつくって/usr/lib/においてみた。

$ ./VESTA 
Segmentation Fault

ネットで調べた。なんかディスプレードライバの問題らしい。ほんまか?一旦棚上げ。

Centos 5.2

compat-libstdc++をインストールするだけで難なく動作。

software/vesta.txt · 最終更新: 2009/02/18 00:01 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0