日蝕

昨夜は土砂降り、早朝は「どんより」、天気予報は「曇り後晴」、それでもポスターの筒に銀紙張って針でツンとしたものと段ボールとスクリーン代わりのミスプリントを持参で講義室へ。日蝕眼鏡はもちろん、スクリーンを張った双眼鏡持参のヤツまでいる。一応最終回だと言いながら授業開始。遅刻のヤツが入ってくるたびに「お天道さんの様子はどうだった」と尋ね。窓際に座ってるヤツに「どないや、出てるか」と訊き、程なく「えーい、今日はこれまで」実質最終回は前回終わっている。

雲の合間に時々顔を出すという感じ。筒の長さは1メートル程もあるのでピンホールを通して写した太陽の像は直径1センチメートルほどになった。

これが岡山での一番欠けたあたり。ぼやけているのは光量を稼ぐために若干穴を大きくしたせい。

weblog/日食.txt · 最終更新: 2009/07/22 22:18 by kimi
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0