Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


Archive for the ‘論はロンでも錯和かも’


合同企業説明会 0

Posted on 2月 24, 2010 by kimi

昨日(2/23)は我が社主催の合同企業説明会。終了後の懇談会のみ参加。
学長の挨拶ではないが、例年に比べると参加企業数ももう一つといったところで、入学志願者の増加に喜んでばかりもいられない。
就職は好調なのに、志願者が減りつづけるという現象に悩んでいたのはほんの数年前のこと。特にうちぐらいのレベルの工学部の電気系の場合、メーカの求人状況と大学の志願者との間には負の相関があるのはよく知られているのだが、全学部学科的にも同じ傾向なのはなんなんだろう。

さて、昨日の状況を顧みつつ、研究室配属状況の厳しさを思い出しつつ、今年度の就職活動は厳しいだろうなあなどと思いつつ、カーリングの録画に思わず目を伏せて新聞の見出しに目を落とすと、
「学生への職業指導、大学・短大に義務化」
の文字。

何じゃそりゃ。 Read the rest of this entry →

First impression of iPad 0

Posted on 1月 30, 2010 by kimi

まあ、これからいろんなことを書こうと思うんだけど、で結構否定的なことを書くつもりなんだけど、買うんだよな当然。それも3月末にWifiモデルがApple storeで注文できるようになったらすぐにポチるんだなこれが。でもってどういう形であれ3Gモデルが発表されて大いに後悔するんだな絶対。
大体さあ、iPhone 3GSとMacBookAirを使ってるやつがiPad買ってどうすんだ。まあ、なんだ。初代iPod touchとiPhone 3GとiPhone 3GSを買った奴が何を言っても言い訳にしかならない。今回は言い訳はしない。欲しいから買うんだ。それだけだ。

Read the rest of this entry →

講義アンケート 0

Posted on 1月 25, 2010 by kimi

数学のリメディアル科目の講義アンケートの結果を担当の先生からいただいた。この科目この後期は実験的に演習中心で行われた。関係者の間ではく○ん式と呼ばれている。このやり方の是非については、是非ともに過半数をとれず、「どちらとも言えない」を入れると過半数というどこぞの世論調査みたいな結果になっている。それでも担当者の指導に対する支持は圧倒的で満足度も高い。不満の原因も予測できる範囲内。ただし、これを解決するのは相当難しそうだ。 Read the rest of this entry →

2010年度シラバス 0

Posted on 12月 15, 2009 by kimi

来年度(2010年度)のシラバスの入力が終わった。リスト中に12個も講義名を見たときは眩暈がしたがなんとか終わった。あとは、非常勤講師の分を入力するだけである。 Read the rest of this entry →

『科学』休刊 0

Posted on 12月 04, 2009 by kimi

学研の学習雑誌が休刊する。雑誌の場合休刊というのは事実上の廃刊だから、「科学」を読んで育った、というよりも『「科学」の付録』に育てられた者としては寂しい限りだ。かつては、「学研の科学」から「子供の科学」、「初歩のラジオ」、「ラジオの製作」と出世魚のように読み移り、最後に「トランジスタ技術」を読むようになるのが、正しい大人だったのだが。

Read the rest of this entry →

授業参観 (1) 0

Posted on 12月 01, 2009 by kimi

学科の授業改善に関する組織的取り組みの一環として、授業参観が始まった。いわゆるFD(Faculty Development)というやつである。学生諸君、ここ2週間ぐらい先生たちが講義を受けに行く/来るとおもうが、気にしないでくれたまえ。

というわけで、今日は朝から「システム制御の基礎」の講義を受けてきた。ホントは昨日の「数学II」も聴きに行くべきだったんだけど、・・・忘れてました。すいません。 Read the rest of this entry →

c言語で数値計算 0

Posted on 10月 17, 2009 by kimi

今日は「数値計算」の補講。土曜日に学校に出てくるんは、学生諸君もいやかもしれんが、こっちもめんどくさいんじゃ。

さて、普通「数値計算」というとFORTRANでやるのが通例で、特にfortran90/95からは初心者から上級者までみんなに使える言語になったので、できればこの講義もfortran90でやりたいと思うのだが、いかんせん電気電子の学生さんたちにとっては数値計算よりもシステム周りのプログラミングに向けたプログラミング言語習得の方が急務であり、なおかつ複数のプログラミング言語を習得するような、もしくは習得させるような余力は彼我ともにない。しかたなく数年前から「数値計算」の講義をc言語で行っている。

Read the rest of this entry →

プレゼン虎の穴 0

Posted on 8月 14, 2009 by kimi

今月末に大学院生がソウルで開かれるワークショップで口頭発表をすることになり、現在猛特訓中。もちろん英語である。本人にとっては、もちろん初めての経験。しかも、おそらく修士課程の学生は彼だけ。つまり他はみんな博士後期課程かポスドク。なんにせよ「先生」は喋ってはいけないというワークショップ。我が研究室でのプレゼンテーションの指導法についてはWebゼミを参照してもらうことにして、まだまだ道のりは遠そうである。

Read the rest of this entry →

先生月曜日来るんですか 0

Posted on 7月 17, 2009 by kimi

「でやなぁ、キーワードを並べあげたもんを月曜日に見せてくれえ」

「えっ、先生月曜日来るんですか」

「どうして来ないことがあろう哉」

「でも、休日ですよ」

「あ゛っ、火曜日に見せてもらうわ」

これだから、ハッピーマンデーってのは。

Read the rest of this entry →

コマーシャル 0

Posted on 7月 13, 2009 by kimi

コマーシャルをばひとつ。

2009年度工業技術英語事例大会
日時: 2009年8月29日(土) 10:00〜16:30
会場: 大阪・大阪市西区 大阪科学技術センター
主催: 公益社団法人日本工業英語協会

Read the rest of this entry →



↑ Top