Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


Archive for the ‘講義情報’


数値計算2014/6/3 0

Posted on 6月 02, 2014 by admin

6/3用の講義資料をアップロードしておきました。今回は代数方程式、特に非線形方程式の数値解法について講義します。一変数の場合は二分法が単純明快ですが、多変数になっても強力なニュートン法の考え方をぜひ身につけて下さい。第二回目のレポート課題も出ます。

数値計算2014/5/27 0

Posted on 5月 26, 2014 by admin

5/27用の講義資料をアップロードしておきました。今回はRC回路やLCR回路の過渡現象を例に、単位や次元といった数値計算の基本と、初等関数の組み合わせとして数式で表現できている関数の図示、および微分や差分について講義をします。初回のレポートの課題も出ます。レポートの書き方についても説明します。

数値計算2014/5/20 0

Posted on 5月 19, 2014 by admin

5/20用の講義資料をアップロードしておきました。今回は数の表現、誤差、単位、次元といったことについて講義をします。同時に大学の計算環境を使ってこの講義のレポートを作成する際にやくにたつTipsを紹介します。そこで、今回に限り講義を9学舎1階の計算機室で行います。一応いつもの教室にその旨板書しにだけは行きますが、9学舎1階に集合して下さい。

数値計算2014/4/29 0

Posted on 4月 28, 2014 by admin

4/29日の講義に向けてc言語のおさらいの講義資料を改訂・増補しました。この資料は連休明けにも使います。連休の間に忘れてしまわないように「コンピュータ実習」や「プログラミング基礎」でやった例題をもう一度9学舎1階の計算機室で実行してみておいて下さい。

数値計算2014/4/22 0

Posted on 4月 21, 2014 by admin

4/22日分の講義資料を用意しておきました。この資料は来週も使います。今週から何回かに分けてc言語の復習を行います。「コンピュータ実習」と「プログラミング基礎」とで既にc言語の基本的な部分はマスターしているはずですが、数値計算に必要な部分に絞ってもう一度講義します。最近のソフトウェア開発はc++やjavaで行われるのが主流になってきていますが、c言語は《技術者の教養》といえるプログラミング言語です。再度教科書を見直しておいてください。

電子物性の基礎2013/10/31 0

Posted on 10月 30, 2013 by kimi

10月31日分の講義資料アップしました。今回は水素様原子のシュレディンガー方程式の解について話をします。何故水素原子ではなくて水素原子なのかはぜひ講義を聴いて確かめてください。毎回毎回数式だらけのスライドですが、今回は何時にも増して数式が山のように出てきます。そこでスライドに《重要》マークと《参考》マークをつけておきました。《重要》スライドの内容は必ず理解し、記憶してください。所謂「試験に出る」レベルです。《参考》スライドは何かのときに「ああ、あそこに書いてあったよなあ」というのが思い出せるようにだけしておいてください。

あ、そうそう、現在授業アンケート(なんで「授業アンケート」って名前にしたのかねえ。やってるのは授業ではなくて講義なのだが)の所見鋭意作成中です。お楽しみに。

電子物性の基礎2013/10/17 0

Posted on 10月 15, 2013 by kimi

10月17日分の講義資料を用意しました。各自、適宜ダウンロードして利用してください。今回はトンネル効果。初等的な量子力学の教科書の巻頭で取り上げられる量子力学的現象の典型です。数学的には結構厄介な計算を必要とするのですが、その結論は平面波の位相の差だけで書けるというあたりが非常に面白い現象です。トンネル効果の実用例としての走査型トンネル顕微鏡のビデオもあります。

電子物性の基礎2013/10/10 0

Posted on 10月 07, 2013 by kimi

まあ、何と言うことでしょう。「電子物性の基礎」の講義資料がもう用意されています。皆さんのレポートと同様、いつもはギリギリにならないと用意しないのにいったいどうしたというのでしょう?(これがツイッターでおなじみの「科研が書けん」の副作用なのさ)冗談はさておき、今回は重要です。全十五回中最も重要です。一次元自由電子についてシュレディンガー方程式を実際に解きます。ここんところがちゃんと理解できていれば、定期試験はなんとかなります。数学IIIのノートをもう一度よく見直して定係数二階線形斉次常微分方程式の一般解について復習しておいてください。

(ていうか、電気電子の講義で出てくる数学は定係数二階線形斉次常微分方程式さえ解ければなんとかなる、だいたい)

電子物性の基礎2013/10/03 0

Posted on 10月 02, 2013 by kimi

「電子物性の基礎」の講義資料は既に用意されています。各自、適宜ダウンロードして利用してください。10/3の講義はいきなりシュレディンガー方程式です。数学的な表記は難しそうに見えますが、この時点ではそんなもんだと思っておいてください。

数値計算2013/7/9 0

Posted on 7月 08, 2013 by kimi

7月9日分の講義資料をアップロードしておきました。今回はモンテカルロ法について説明します。

モンテカルロ法は乱数を用いた数値計算の手法の総称ですが、狭義には乱数を使って非常に多くの変数についての多重積分の値を近似的に求める方法を指します。数値積分以外でも正攻法では万策尽きたときの頼みの綱でもあります。同時に現在使われている疑似乱数生成法のいろいろについてもお話しします。



↑ Top