Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


Archive for 8月 1st, 2010


物理チャレンジ2010開幕 0

Posted on 8月 01, 2010 by kimi

13:30より、第6回全国物理コンテスト物理チャレンジ2010の開会式。今日から3泊4日、閑谷学校で全国物理コンテストの第二チャレンジが行われる。言ってみれば物理版甲子園で、且つ物理オリンピック選手選考会。76名の高校生(3名は中学生)が、明日は理論問題5時間、明後日は実験問題5時間に挑むことになる。

私はといえば明日の午後に行われるフィジックスライブという催しで、計算機シミュレーションを体験してもらうべくデモを行う予定。この一週間は他にも行事がつまっているので連日岡山と備前とを車で往復するという強行軍になりそうだ。

今日の開会式での出し物は、カーボンナノチューブの飯島先生の講演と、岡山一宮高校のブラスバンドの演奏。こちとら飯島さんの話はさんざん聞いている(なんせうちの今の研究テーマの一つはグラフェン)ので、ちょっと食傷気味。むしろブラバンのほうが懐かしかった。でも一宮のブラバンって女の子ばっかりなんやねえ。物理チャレンジに来ている子達が男の子ばっかりというのと好対照。

ちなみにどんな高校生(中学生)が来ているのか紹介しておこう。高校名なんかよりも予選問題を見ていただくのが早いので実験のレポート課題を紹介しておく。

課題は「氷の密度を測りなさい」というもの。

これにすばらしいアイデアで応えることのできる高校生(中学生)が集結している。

この課題ですが、簡単そうに思えます?ちょっと考えてみれば、結構大変だというのがわかります。水の密度なら中学校の理科室にある程度の機材でも工夫すれば高精度で求められますが、氷となるとねえ。詳しい内容は、物理チャレンジのサイトにあります。



↑ Top