Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


Archive for 2月, 2011


ハイスピードマイクロスコープ 0

Posted on 2月 28, 2011 by kimi

なんかわからんけどキーエンスって会社のハイスピードマイクロスコープのデモが行われたので見てきた。
高速動画撮影とデジタル光学顕微鏡が一体になった装置。

VW-9000とかいうシステムで、特徴は

  • VGA(640×480)で4000コマ/秒、最大230,000コマ/秒での高速動画撮影
  • 動きを自動認識 →コマ毎の動きの変化量を認識。変化量のグラフ化が可能に
  • 光源・液晶モニタ内蔵。→簡単セッティングですぐに使用開始
  • 0~5000倍まで拡大観察が可能

ということらしい。右側の小さなテレビみたいなのがモニタ兼コントローラ、ストレージ付き。8GB の HDDと640×480 pixcel X 4000 frame/sec X 30 secondぐらいの内部メモリ。左は

上にある黒い筒が照明で、結構絞れる。もちろん相当明るい。静止画モードだと壁が白飛びしてしまうぐらい。下の筒の右の黒い部分がレンズ。このレンズは焦点距離が数十センチ程度のもの。これを換えればマクロにもマイクロにも使える。ミルククラウンぐらいは簡単に撮れるらしい。左のメタリックな部分がカメラ。

私は、一切実験をしない純粋な理論屋なので全く関係ないのだが、どうやら高速機器(モーターみないな)やら放電やらをやってる研究室で導入を検討しているらしい。お値段の方は、GPが当たれば、システム一式+そこそこの拡大レンズが買えそう。外れた場合はご苦労さんということのようだ。

結構面白いので、もし導入されたらフレッシュマンゼミで使ってみようか。実際10円玉の落下ぐらいは簡単に撮れるのでストロボスコープの代りぐらいにはなるし。まあ、こういうのを捕らぬ狸の皮算用というわけだが。

合同企業説明会2011 0

Posted on 2月 23, 2011 by kimi

昨日は、岡山プラザホテルで、合同企業説明会+就職懇談会。後半からの出席。学科から結構な数の教員が出席するはずだったのだが、ドタキャン続出で人手不足。その上担当者が前半だけしか出席を予定していなかったというのが、そこで初めて判明。聞いてないよう。仕方がないので私がブースで応対することになった。約一時間呑まず喰わずで企業説明会にいらした方々に対応。一息ついたときにはもうテーブルの皿の上に料理は見る影もなく。終了後家に帰って非常食で凌いだ。

就職難とはいえ、そして地元就職が難しい情勢とはいえこれだけの企業から求人をいただけるのは有り難いことだ。単純に今日私が応対したところに学生さんが就職するだけで半分以上の学生さんが捌けることになる。まあ、世の中そんなに甘くないが。皆さんおっしゃる。「来春は是非とも最低一人は採用したい」ただし、一言加わる。「いい方がいらっしゃれば」

あ、昨日貰った資料等々を家に忘れてきてしまった。ちょうど今日教室会議だから、そこで担当者に渡せたのに。まあ、明日だな。

卒研ゼミの研究室配属 0

Posted on 2月 16, 2011 by kimi

卒研ゼミの研究室配属が決定した。我が研究室は昨年度の第一希望ゼロから一転、久しぶりに全員第一志望。今回は結構ばらけてくれたのでほとんど議論の余地はなかった。ただし、5人程は不本意な結果に終わったが、なーに心配はいらない。むしろ残り福といってもよい。moodleのサイトの方に結果を発表しておいたので、各研究室の集合時間を確認してくれ。

卒研発表会打ち上げ 0

Posted on 2月 16, 2011 by kimi

卒論発表会の後、岡山駅前のやたら梅酒の品揃えの良い居酒屋で打ち上げ。総勢15人(含女性1名)。この中で、うちの卒研生は2人だけである。


食い放題、飲み放題、二時間一本勝負の後は、西川沿いのバルで、なぜか生物化学の先生とまた二時間。雪の降る寒い夜になぜか「あつく」議論してしまった。

2010年度卒研発表会 0

Posted on 2月 10, 2011 by kimi

本日は 朝イチ (9:10) から卒業研究発表会。例によって電子デバイス(物性)グループと電気・制御・情報グループに分かれての発表。尺の関係で光ファイバーの研究室とPICマイコンの研究室が入れ替わっていたが、電子デバイスグループはいつも通り和やかに発表は進んだ。後述するが滞りなくとは言えなかったが。我が研究室も心配されていた失敗はすべてしたものの、なんとか乗り切った。それどころかなんと、

電子デバイスグループ部門
祝最優秀賞受賞

めでたい。が、しまった。これで書こうと思っていたことが書けなくなってしまったではないか。というわけで、(どういうわけだ)途中説教もしたのだけれど、気になったことをひとつだけ。

今回は朝早いこともあって、ほとんどの研究室が事前にプロジェクタのスクリーンチェックをしていなかった。しかもポインタを探して右往左往。自分のパソコンもって時間に現れたら、自分の発表以外のことは全部他人がやってくれるわけではないんだよ。パソコンはもちろん、ACアダプタ、テーブルタップ、レーザーポインタ、教卓の鍵、ワイヤレスマイクといった必要なもの必要になるかもしれないものを自分で用意する、もしくは誰が用意するのか確認するというのは研究内容を上手に発表することと同じくらい大事なことなのだ。もちろん始まる前や休み時間に動作チェックをする。学会なんかでも前に出てからスリープからの復帰に時間をかけたり、あげくの果てにWindowsの起動をする人があるけれど、あれは顰蹙なんだ。PCは起動した状態でプロジェクタのケーブル脇まで持参し、つないだらすぐにプレゼンに入れるようにする。使用する教室によってスクリーンの場所から立ち位置までさまざまなわけだから必ず事前に一度試しておかないといけない。板に乗ったことのある(音楽とか演劇とか)ひとなら解るはずだが、現場でリハーサルをせずに本番に臨むことなどあり得ない。

まあ、とはいえ今年度は再発表とか追発表の憂き目を見るものもなく、全員合格で幕を閉じた。ほんとうに、おめでとう。

ゼミ配属説明会 0

Posted on 2月 02, 2011 by kimi

ゼミ配属説明会を終えた。定期試験期間中だというのに結構欠席者がいる。まあ既に留年モードやら就活モード、もしくはバイトモードに移行したものも多く、3年後期にはほとんど試験がなかったりもする。

これまでは第一志望から順に希望研究室を紙に書いて出してもらっていたのだが、入力の手間がばかにならない。そこで今回からWebで入力してもらうことにした。使用システムはmoodle。このblog(まさしくWeb logなのだが)によるとmoodleで遊び始めたのが2010年2月25日だから、ほぼ1年。ようやく配属希望調査に使えるだけの用意が出来たことになる。個人個人にidとパスワードを渡し、ログインからアンケートの記入までを実演するのだが、この教室は他の教室に比べて学内無線LANの電波が非常に弱い。頻繁に切断される。その度に再度アプリケーションゲートウェイのログインを強要される。25号館でネットの実演する際には有線の用意をしてこいということらしい。

同時に本日より研究室訪問解禁。私などは研究室見学など何時来てもらっても構わないのだが、そういったことに五月蝿い先生も少なくない。ただし、そういう先生の名誉のために付け加えておくと大学のオフィスアワーなんかと同じで、私みたいに「何時来てくれてもいいよっ」ていう先生は、同時にこっちの都合で「ごめん、いま忙しいから後にして」って言うわけだが、杓子定規な先生は期間・時間が決まっていればその期間・時間なら必ず対応してもらえる。いずれにせよ大学教員などというのは世の中でも一番身勝手な人種ではある。

説明会で簡単に卒研の内容説明をすることになっているわけだが、まともにやっていると講義時間一コマ分ぐらい必要なので、「詳しいことは研究室に聞きにきてくれ」ということになる。というわけで、例年ならそろそろ最初のチームが来てもいい頃なのだが、さっきからやってくるのは明日に試験を控えた2年生ばかり。ちょっと心配だ。また、昨年のような「希望者なし」の悪夢が・・・。



↑ Top