Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


Archive for 4月, 2011


iPhoneTracker 0

Posted on 4月 25, 2011 by kimi

話題のiPhoneTrackerやってみた。どうやらiPhone4にしてからの分しか記録してないようなのと、結構抜けが有るような。この図ではわからないが、北京のあたりにも足跡が有る。しかしこうやってみると、私の行動範囲は西は広島、東は大阪から南に下って関空まで、ひたすら瀬戸内沿岸に限定されているように見える。まあ、そういうことなのだろうけど、丹波はSoftbank mobileの電波が通じていないというのもありそうな。いずれにせよ知らぬ間にこんなものがどこぞに送信されているかと思うとあまりいい気はしないが、だからどういう実害があるかというと、あんまり思いつかない。

数値計算2011/4/19 0

Posted on 4月 19, 2011 by kimi

4月19日の回から3回ぐらいを使ってc言語のおさらいをします。講義でつかったスライドのミニチュアを研究室Webゼミのページにリンクしておきました。各自ダウンンロードして参考にしてください。ただし、この資料だけではc言語の勉強は出来ませんからコンピュータ実習や、プログラミング言語の基礎で用いた教科書も同時に復習してください。なお、この資料を印刷するだけではc言語ができるようにはなりません。プログラミング言語の習得は今も昔も「0に読むこと、1に書くこと、2に書くこと、3に書くこと、…以下255回繰り返し」です。

言語の優劣を論じている暇があったら、一つでいいです、自在に使える言語をまずは一つ会得してください。

シラバス訂正 0

Posted on 4月 11, 2011 by kimi

大学院のWebシラバスの内容が大きく間違っています。「電子応用特論 I」の中身と「情報応用特論I」の中身が完全に入れ替わってしまっています。まったくもってあたしのミスです。どうもすみません。 m(_ _)m

電子応用では半導体やら金属やらの表面について物性関係の話をします。特に実験手法とその原理、そこから何が判るか、何に使われるかといった話をします。僕は物性工学の話をしてるつもりなんだけど、みんなは数学の話を聞いてるように思ってるような・・・。

情報処理の方はpythonを用いてオブジェクト指向プログラミングの話をするつもりです、が毎年なかなか OOPなところまで行き着けません。私はプログラミングの話をしてるつもりなんだけど、みんなは英語の勉強をやらされているように思っているような・・・。

何れにせよ、初回の講義に出ればわかります。

数値計算2011/4/12 0

Posted on 4月 11, 2011 by kimi

4月12日より「数値計算」の講義が始まります。講義資料は研究室Webゼミのページからダウンンロードできます。昨年度までに使った資料もリンクしておきますので履修するかどうかの参考にしてください。数値計算自体はどの研究室で卒業研究をする際にも多かれ少なかれ必要になるスキルです。進級単位には事欠かないという人も講義資料で自習し、判らないことは質問に来てください。特にこの講義ではc言語を用いてプログラミングを行います。c言語の復習をしたい人にも最適です。

まあ、履修するかどうかは初回の講義を聴いて決めてください。初回は単なるお話で、その次の回からまずはc言語のおさらいをします。

2011年度入学宣誓式 0

Posted on 4月 03, 2011 by kimi

入学式に招集されたので、出てきた。入学式に出席するのは2008年以来3年ぶり。岡山理科大学の入学宣誓式や学位授与式といった1学年1500名以上の出席が見込まれる行事は大学ではなく法人の所有する体育館で行われる。この体育館を含む複数のグランド、研修設備等々は主に付属高校の運動部の練習場として使われているもので大学からは遠く離れたところに有る。もちろんそれは同時に付属高校からも離れている事を意味するが。

図面右下が大学、左上に見える空き地がグランドで、その端に建っている大きな建物が件の体育館である。大学は岡山大学の裏手の山の上に建っており、体育館は何とか台と呼ばれるような斜面の住宅地の上の方にある。これらは地図で見て判るように一つの山の東斜面と西斜面なのである。大学から体育館への正規のアクセスルートは大学から町中へのバスに乗り、適当なところで町中から住宅街へのバスに乗り換えるというのであり、待ち時間ゼロでも40分はかかる。ところが山をこえればわずか20分弱。おじさんの適当なトレーニングには最適である。

Read the rest of this entry →



↑ Top