Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


Archive for 6月, 2011


数値計算2011/6/28 0

Posted on 6月 27, 2011 by kimi

6月28日分講義資料アップしました。電気電子工学の問題の多くはその基本法則が偏微分方程式の形で与えられます。問題の対称性が高い場合には変数分離をすることができ、前回講義した常微分方程式に帰着しますが、多くの現実的な問題は変数分離できません。そのような場合には偏微分方程式を偏微分方程式として解く必要があります。今回は主に偏微分方程式を差分方程式化して解く方法について説明します。

数値計算2011/6/21 0

Posted on 6月 17, 2011 by kimi

6月21日分講義資料アップしました。今回出題のレポートが最後のレポートになります。工学部の数学の目標は詰まる所、常微分方程式を解くことが出来る技能を身に付けることにあります。シラバスにも書きましたように、この講義でもルンゲクッタ法で(もしくは少なくともオイラー法で)常微分方程式を解くためのプログラムが自力で書けることが達成目標です。特に重要なレポート課題ですので気を引き締めて取り組んでいただきたいと思います。

数値計算2011/6/14 0

Posted on 6月 13, 2011 by kimi

6月14日分講義資料アップしました。今回は連立一次方程式の数値解法です。スライドのミニチュアをダウンロードして利用してください。

電磁気学のラプラス/ポアソン方程式などの微分方程式はフーリエ展開などのような直交関数展開や有限要素法などの方法を使うことによって非常に多くの変数の連立一次方程式として表すことが出来ます。これを逆行列を求めるような方法で解こうとすると膨大な計算量が必要になります。ここで取り上げるガウス・ザイデル法はそのような問題を解くために最も一般的に利用されている方法で、理論はともかくアルゴリズム自体は非常にシンプルで、しかも強力です。ぜひ自分でもコーディングできるようになってください。

数値計算2011/6/7 0

Posted on 6月 04, 2011 by kimi

6月7日分講義資料アップしました。ダウンロードして利用してください。今回は数値積分法です。計算リソースに余裕が出来た昨今ではガウス積分のような凝った手法よりも台形公式やその改良法をきちんと押さえておく方が重要です。今回のプログラムは確実に書けるようにしてください。というわけで、またまたレポート課題が出ます。我ながら何と言うか、もう、鬼とでも何とでも呼んでくれ。

マレーシア出張2011/6/4 0

Posted on 6月 04, 2011 by kimi

さて最終日。やっぱり5時起きで、シャワー浴びて、朝食。毎食マレー料理が出ると期待していたのだけれど、今朝のビュッフェアイテムはカントニーズ。中華料理は今晩充分食べられるだろうからいいや。たまには、コンチネンタル+αにしとくか。

ホテルをチェックアウトした後、バスでスランゴール産業大学へ。今日もここで説明会。昨日は25年度、つまり再来年来日する予定の学生さん達だったのだが、今日のお相手は24年度、つまり今年受験して来年来日するクラス。真剣さが昨日のクラスと比較にならない。

ようやくお客さんが途切れた時にはもう終了間際。もう喉枯れた。 Read the rest of this entry →

マレーシア出張2011/6/3 0

Posted on 6月 03, 2011 by kimi

この日のライブはTwitterで。

イスラム圏の朝は早い。すぐ近くにブルーモスクがあるので、早々にお祈りの「放送?」に起こされてしまった。シャワーを浴びて朝食を摂るため一階のレストランに。

ここの朝食は、組み合わせ次第でコンチネンタルにもアメリカンにもなるビュッフェスタイル。ただし、マレー料理のアイテムも並んでいる。そこで朝っぱらからこんなものを食うことにした。

私ゃあこういうの好きなんだ。

Read the rest of this entry →

マレーシア出張2011/6/2 0

Posted on 6月 02, 2011 by kimi

この日のライブはTwitterで。

一昨年[part 1][part 2][part 3]に続いてマレーシアのShah Alamに出張。今回の出張用務は留学生向けの大学説明会。木曜日に発って、金曜・土曜と二日間説明会をこなし、土曜の夜の便に乗って日曜日の午前中には岡山まで戻ってくるという強行軍。フレッシュマンセミナーIのミニ実験が当たっていない週にあたったので、なんとかひとつも休講にせずに済んだ。土曜日とか試験の後の補講は学生諸君も嫌だろうけど、私らも嫌なんじゃ。

Read the rest of this entry →



↑ Top