Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


Appleの新製品発表とか

Posted on 10月 25, 2010 by kimi

「選択肢が多すぎると人は決めれなくなる」といっていたのは誰だったか、どこかの証券会社のCMでやっていたのだが、思い出せない。確かにその通りだなあと最近実感した。いや、なに、ちょっと遅くなってしまったけれどAppleのMacBookAirの話。もしこれが、11インチモデルのみだったら絶対朝一で「ぽち」っていたと思うのだが、二種類あるというだけでその場では決められず、こんなもんは勢いで「ぽち」らないかぎり、まだ今使ってるMacBook/Dynabookは充分使えるよなあとか、出張用アイテムはiPadに移行しようとしてるんだよなあとか、そもそも128GB程度のストレージじゃあiPad/iPhoneの母艦として使うには容量不足だよなあとか、いろいろ考えてしまうと結局買うことができなくなってしまった。

今回のAppleからの発表は、他にも

  • iLife ’11
  • FaceTime for Mac
  • Mac OS X Lion
  • Mac App Store

iLifeはオープンキャンパスなんかで使われている学科紹介DVDを作ったりしているので結構興味はあるのだが、どうせ精々一年に一回しか使わないので毎回使い方は試行錯誤。これまで他のソフトウェアを併用しなければ出来なかったことがiLifeに標準でついてくるiPhoto/Garage bandで出来るようになったのはいいんじゃないか。iPhotoを一番よく使ってはいるが、これは単にiPad/iPhoneで写真の同期をとるため。

今回最もうれしかったのはFaceTime for Mac。いやー、とうとう来ましたねえテレビ電話。まったくSFみたいだ。もちろん3Gのケータイ電話にはもう何年も前からその機能だけは存在するけど画質とかがまだまだだったでしょ。iCahtみたいなビデオチャットのシステムはなかなかに高画質でいいんだけどいかんせんコンピュータ(固定)対コンピュータ(固定)。コンピュータ(固定)対ケータイ(移動体)というあたりが、まさにSF的シチュエーションなんだ。まあWifi環境でないと使えんのだが。

Mac OS X Lionについてはもうどうにでもしてくれという感じ。Mac OS Xになって中間層にBSD(unix)互換レイヤーが出来て以来、公式にBSD層にアクセスする方法(つまりTerminal.app)が廃止されない限りは見た目はどんな風に変えてもらってもいいわ、もう。UIについてぶつくさ言うのはもう疲れた。(まあOS XはWindowsなんとかよりはずっとましなんだが。)

Mac App Storeは便利そうだ。どうせこの歳で、Macの上で、XXXなゲーム(伏せ字だよ。他意は無いよ。勘ぐっちゃだめよ。)を動かすことを期待してはいない。それにAppleがどんなにきびしく検閲を審査をしようが通常のチャンネルが無くなってしまうわけではないからね。それよりもsoftwareの購入履歴やライセンスが一元管理できる方が利便性は高い。(そんなことが出来るんかどうかは知らんが。)ただ、見積書/納品書/請求書の三点セットの発行と公費で購入できるような仕組みは欲しいな。この際アカデミック向けのMac App Storeアカウントを組織に発行するようなことをすればいいのに。

まあ来年はデスクトップのVAIOとMacBookが買い替え時期を迎えるので、全体を考えながら何を買うか決めよう。特にデスクトップの入れ替えには個人事業主たる相方の意向の方が重視されるわけだし。

あ、もちろん大学では注文しますよ。これで学生さんの発表用と私の講義用とを分けられますから。

Comments are closed.




↑ Top