Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


4th dimension in iPad

Posted on 11月 11, 2010 by kimi

これまでの話

噂では9日とか11日とか云われていたので、ちょっとこまめにチェックしてたのだが、いや、何、iOS4.2の話。いきなり予想の斜め上を行くニュースが。

iTunes Storeにアクセスしてみると既に使える状態になっている。いつの間に。3rd watchで書籍は何とかなりそうだが、動画は期待薄と言ってしまったが、とんでもない。動画来ました。レンタルで500円、購入で2500円と高価だが、これだけのコンテンツの配信を取り付けただけでも称賛に値する。旧作でSD画質ならレンタル200円まであるのでもう一声といったところ。ツタヤで旧作100円だということを考えると既得権益保有者を黙らせるには無理からぬ価格設定なのだろう。これでツタヤだのDMMだのShowTimeだのGyaoだのは戦々恐々だろう。確かに今のところ最も高価だが、確実に最も使い易いに違いない。これでAppleTVが一万円を切る値段で出るわけで、動画配信業界も大きく変わるかもしれない。

一方、電子書籍の方はebiReaderも一向にiPadに対応しないし、全く進んでいない。まさかガラパゴスなんていう閉鎖的国産非互換規格に走るとか、そうしてみてやっぱり電子出版はだめですねって落ちを狙ってるとか、そんなんじゃないだろうな。

ちなみに我が家は集合住宅街なもんでテレビはケーブルを敷いている。地元の人にしかわからないが、oniさんである。わりと一般的なSTBが使える方式のようなので、AppleTVにSTB機能を付けてもらえると有り難いのだが。あと、BDとHDDレコーダ機能も。ああ、それってデジタルハブ構想とか言いましたっけね。

さて、5thの題名のアイデアが無い。

Comments are closed.




↑ Top