Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


マレーシア出張2011/6/2

Posted on 6月 02, 2011 by kimi

この日のライブはTwitterで。

一昨年[part 1][part 2][part 3]に続いてマレーシアのShah Alamに出張。今回の出張用務は留学生向けの大学説明会。木曜日に発って、金曜・土曜と二日間説明会をこなし、土曜の夜の便に乗って日曜日の午前中には岡山まで戻ってくるという強行軍。フレッシュマンセミナーIのミニ実験が当たっていない週にあたったので、なんとかひとつも休講にせずに済んだ。土曜日とか試験の後の補講は学生諸君も嫌だろうけど、私らも嫌なんじゃ。

前回は結構突然の事だったので既にマレーシア航空は満席。時間のかかる JAL便だったのだが、今回は「マレーシア航空にして、マレーシア航空にして、マレーシア航空にして」と早くから騒いだおかげかマレーシア航空便。岡山から前泊の必要ない時間に出発し、まだ明るいうちに到着するのは魅力。JAL便はシンガポールを経由する事も有り、前泊が必要なくらい早く出発して、到着したら既に夜遅い。まあ、朝5時起きなのは辛いけど。

Webでチェックインは済ませてあったのだけれど、使用機体が変更になったとかで、座席指定のやり直し。小さいキャリーバッグ一つで空港に来ることがほとんどないので、何か忘れているような気がしてならない。資料は別送されているはずなので身一つで行けばいいはず。乗る飛行機はこれ。

エアバスA330-300。マレーシア航空の関空-クアラルンプール便には新しい内装のA330が就航したと聞いていたので期待していたのだけれど、実際搭乗してみるとボーイングのころと同じ古い内装のままだった。

我が社では社用で出張する際、ホテル代はもちろん出るのだが、ホテルでネットに繋ぐ費用は出ない。その上出張用務先にはネットワークの環境はないと聞いていたので、携帯電話経由でアクセスすることを計画。クアラルンプール国際空港には到着ゲート付近にCelcomの出店があるのでまずはそこで聞いてみた。結果は普段はそこでPrepaid SIMを売っているらしいのだが、偶々「オフライン?」だとかいう理由で手に入らなかった。

タクシーでシャー・アラムのホテルに到着。ホテルで問い合わせるとホテルのラウンジショップでPrepaid SIMを売っているとの事。勇んでラウンジショップに行ってみると、まだ営業時寒中なのに閉まっている。お祈りに行ってるらしい。程なく帰ってきたのでそこでCelcomのXpaxっていうPrepaid SIMをゲット28リンギット(約750円)。ネットワークが一週間定額で18リンギット。国際電話をかけることを考えて30リンギットのトップアップバウチャも同時に購入。締めて58リンギット(約1550円)。Ideos(SIM Unlock版)に入れて携帯Wifiルータとして使う。ソフトバンクモバイルの定額国際データローミングでも同じCelcomのネットに繋ぐわけで、それだと1日で1450円だから、こっちの方が断然お得。しかも電話もかけられる。ただし、速度は激遅。EDGEとGPRSをいったり来たりして一向に安定しない。

ホテルの部屋はどういうわけか半端なく豪華なスイートルーム。

どうやらダブルブッキングか何かで予約していた部屋が変更になったようだ。これで、185.60リンギット(約5200円)は安い。

外は気温33度なのに室内は冷房がガンガンかかっていて寒い。あわてて冷房のコントローラを探し、エアコンを停止。それでも夜は充分寒かった。

Comments are closed.




↑ Top