Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


電子物性の基礎2011/12/01

Posted on 11月 30, 2011 by kimi

12月1日分の講義資料をアップロードしておきました。

今回は化学結合についてお話します。いよいよ問題を行列とベクトルの問題に焼き直して、水素原子二つから水素分子ができあがる仕組みを実際に黒板で解いてみます。次回説明するシリコンなどの結晶のバンド構造の基本になる考え方ですからぜひ出来るようになってください。数学的には2行2列の実対称行列の固有値と固有ベクトルを求めるだけという簡単なお仕事です。(これできんやつは応用数学1の単位没収やな。)この化学結合を説明できるようになることがこの講義の達成目標でもありますから当然(以下略)。

Comments are closed.




↑ Top