Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


プレゼン虎の穴

Posted on 8月 14, 2009 by kimi

今月末に大学院生がソウルで開かれるワークショップで口頭発表をすることになり、現在猛特訓中。もちろん英語である。本人にとっては、もちろん初めての経験。しかも、おそらく修士課程の学生は彼だけ。つまり他はみんな博士後期課程かポスドク。なんにせよ「先生」は喋ってはいけないというワークショップ。我が研究室でのプレゼンテーションの指導法についてはWebゼミを参照してもらうことにして、まだまだ道のりは遠そうである。

大まかに言って問題は二つ。ひとつは圧倒的な単語量不足。もちろん原稿を、それも綿密な原稿を用意するわけであるが、その原稿に出てくる単語のなかにすら、怪しいものがちらほら。知らない単語は覚えられないんよ。

二つ目は、これは多くの日本人に共通なんだけど、発声が平板ですぐに早口になること。英語はストレスアクセントの言語だから、強く、大きく、長く発音する部分が正しくなければ通じない。多くの人は発声は平板なままでアクセントだけ付けようとするんだけどそんなんではアクセントはつきません。日本語はピッチアクセントの言語だからどうしても抑揚を付けないと強弱が付けられない。ところがこれをやるとどうしても大げさな抑揚になってしまい恥ずかしがりの日本人はどうしても引いてしまう。これってたぶん中学以来の英語教育のせい。それも英語の問題ではなく、クラス運営の問題。僕自身はずいぶん怪しげなピッチアクセントを付けながら英語を喋るんだけど、どんなピッチだろうが英語のネイティブは気にしない。ストレスアクセントさえ正しければ発音がいい加減でも聞き取ってもらえる。よく米と虱の話が例に出されるけど、笑い話ならともかく現実に米の話をしているときに発音が悪いからといって虱に解釈されたりしたときは、自分の発音をどうこう言う前に人間関係の方を疑った方がよい。ところが変なピッチをつけるとクラスで笑われちゃうんだよね。英語に限らず、どんな発言であろうとクラスで笑い者にしない教室運営こそが重要なんじゃあないかと思う。

でも、一番の問題は未だに一人当たりの発表時間がわからないこと。なんとかしてくれ。

Comments are closed.




↑ Top