Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


数値計算2012/6/26

Posted on 6月 22, 2012 by kimi

6月26日分の講義資料をアップロードしておきました。今回は偏微分方程式です。

偏微分方程式を解く方法は問題に合わせて様々ですが、講義では陽解法を中心に話をします。偏微分方程式は常微分方程式と異なり問題設定によって解き方が全く異なったものになります。どのような問題を解くためにはどんな条件が必要になるかは微分方程式を差分化し、差分方程式として考えることによって明確になります。講義では電気電子工学分野で特に重要な放物線型、楕円型、双曲線型の2変数2階線形偏微分方程式に話題を絞ってお話します。特に楕円型偏微分方程式の陽解法は連立一次方程式のよい例題になっているのでガウス・ザイデル法の威力(計算速度もさることながら、コーディングの容易さ)をみて頂きます。

最終レポートの題材としては二次元のポアソン方程式だと思うと一番イメージがわきやすいと思いますので、ぜひ講義を聴いてみて自分でもトライしてみてください。(最終レポートの課題は既にWikiに公開しています)

Leave a Reply




↑ Top