Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


電子物性の基礎2012/10/18

Posted on 10月 17, 2012 by kimi

10月18日分の講義資料を用意しました。各自、適宜ダウンロードして利用してください。今回は一次元定ポテンシャルの問題の応用として、階段状のポテンシャルによる散乱とトンネル効果についてお話をします。ポテンシャルが小さくなるようなときにも、乗り越える事が出来るようなポテンシャルのときにも反射する成分があることや、古典的には乗り越えられないような大きさのポテンシャル障壁であっても、障壁が充分に薄ければ通り抜ける確率が零でない事など量子力学でなければ説明できない現象について解説をします。トンネル効果の実用例として走査型トンネル顕微鏡のビデオもお見せしますので請うご期待。

Leave a Reply




↑ Top