Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


@spain (3) -Granadaへ

Posted on 11月 12, 2009 by kimi

グラナダへの陸路は電車とバスと選択肢があるが、電車の連絡が非常に悪くほとんど半日がかりになってしまう。バスはいや、とか言ってられない。高速バスで一路グラナダへ向かうことにする。

写真はバスステーションでバスを探しているところ。この写真を撮ってる人の荷物まで持たされているので両手に荷物をもっているのが痛々しい。

さて、前日宿泊したマラガの三つ星ホテル、部屋も良くネットも使えて満足。朝御飯も大陸としてはまずます。さすがにラテンの国、どのホテルの朝食も味は押し並べて良い。チェックアウトのためロビーに降りていくとテレビで日本のアニメーションをやっていた。スペインでもクレヨンしんちゃんは人気のようだ。あたしゃあ、あれはあんまり好きじゃあないのだけれど。

ホテルをチェックアウトしバスステーションに向けて出発。バスステーションはレールステーションの隣にあるはずなのだが、印刷してきたgoogle mapはあんまり当てにならなかった。鉄道の駅とバスターミナルの連絡通路が工事中だったこともあり、9時のバスに乗るつもりがバスステーションについたのはギリギリ。バスステーションを見つけたはいいが、今度はどこでチケットを買えばいいのかわからない。インフォーメーションで尋ねると5番窓口へ行けという。バス会社と行き先によって窓口が違うらしい。5番窓口には既に大勢並んでいた。

あんまり考えずに9:30発のバスのチケットを入手。10時発のバスと到着時刻は変わらないことに後で気が付いた。どうやら停車するバスストップの数が違うようだ。

バスは全席指定。ところがあまり知られていないらしく、勝手に座っていて人に言われて初めて指定席だというのに気がつく人が結構いた。バスは海岸沿いではなく内陸の高速道路をひた走る。バスの車窓にはアンダルシア内陸部の不思議な景観。

10:30最初のバスストップに到着。バス中に電光掲示板があり、時刻と外気温が表示されている。太陽を浴びてバスの内部はどんどん暖かくなるのに、外気温は最初24度くらいあったのが17度にまで下がってしまった。
グラナダは涼しいのかもしれない。

11:00サンタフェ通過。11:10予定より20分早くグラナダのバスターミナルに到着。所要時間が1時間30分のバスと2時間のバスがあるのだけれど、いったいどこが違うのかまたわからなくなった。

Comments are closed.




↑ Top