Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


講義開始

Posted on 4月 09, 2008 by kimi

2008年度の講義が火曜日から開始されている。で、本日は「電子応用特論I」の初回講義。講義名からはとても想像がつかないが、内容は「表面科学概論」と「計算機シミュレーション事例紹介」。今年度から、大学院のシラバスも一般公開されているので、ちょっと恥ずかしいかもしれない。講義自身は脱線に次ぐ脱線、で何時本線に戻ってきたのか解らないような講義。自分で言うのもなんだが、1時間半のうち1時間くらい脱線をしゃべりっぱなしという、ここまでくると一種の「芸」かとも思えてくる。学生たちはおそらく学部の頃から「このおっさんの授業は脱線多いなあ」と思っていたはずだが、あれは序の口というかむしろシラバス通りきちんと喋っていたというのが解ったはず。
でも、我々が学生の頃の講義ってこんなんばっかりやったと思うんやけどなあ。

Comments are closed.




↑ Top