Surface Science and Solid State Theory Laboratory

@surface


Adobe Acrobat 9 Pro

Posted on 2月 17, 2010 by kimi

Adobe Acrobatは、「Adobe Readerで拡張機能を有効にする」機能が使いたいがためだけに、Professional版を使用している。ようやくバージョン8から9にアップグレードすることができたので、早速インストールした。ちなみにアップグレード版を買ったわけではなく新規購入である。Adobeのアカデミック版のアップグレードポリシーと、我が社のソフトウェア購入ポリシーとの食い合わせが悪くAdobeのソフトウェアは結局新たに買った方が早い。

で、ケチョンケチョンにけなす前にまず褒めておく。Adobeはいい仕事をしている。PostscriptにせよPDFにせよ「規格はオープン、実装で金を取る」というやり方は「アンチ知財至上主義原理主義過激派」の私を以てしても容認せざるを得ないところに開閉の閾を設定しており文句の付けようがない。たとえ、そのライセンス料がべらぼうだとしても。Photpshopはこれ以上にない多機能なソフトである。いや、らしい。なんせ私は全ての機能を使いこなせないので。私にとってはグラコン(Graphic Converter)で充分であるが、カミさんがそういうのだから、確かなのだろう。Illustratorはといえば、これはもう投稿論文の図表をつくるには絶対に欠かせない。何でもできる魔法のようなツールである。いかにその手順が複雑かつ煩雑で面倒くさくとも、「どう考えてもその動作はないやろ」という実装がしてあっても、これ以外にする方法がないのだから仕方がない。その、まるでマウスの操作一つ一つがそのままポストスクリプトコードに落ちて行くような操作性は、大昔一行一行アセンブリコードを頭に思い浮かべながらコードを書いていたあの頃のFORTRANを彷彿とさせる。すばらしい。

ごめんなさいね、検索エンジンで、「この製品のライセンシングが動作していません」を検索して来た方々。ここから本論です。

で、インストールしたのはいいんだけど、起動しようとすると「この製品のライセンシングが動作していません」と宣う。しようがないのでAdobeの「サポート情報検索」をかけるとAcrobat9またはCS3 アプリケーション起動時に「この製品のライセンシングが動作していません」エラーが表示された場合の対処方法が引っかかった。

流石である。

私が見たときは「評価0」だった。

対処法がA-Kまで11もある。

その上11番目の対処法Kに至っては「アンインストールおよび再インストール」である。

「なめとんのんか」といいたい。あっ、とっとと対処法を知りたいですよね。先にします。

  • 分けが解っている人向き
    /Library/Preference/FLEXnet Publisher/のpermissionがおかしくなっています。lsで見ても解りません。chmodしようとしてもなおりません。rootで消して新しくつくり直すのが簡単。
  • 分け解らんという人向き
    以下を読む前に、シリアル番号を用意してください。すべてはそれからです。
    A-Jまでは無視しなさい。時間の無駄です。もちろん原因によってはA-Jの何れかがビンゴの可能性はありますが、やるのはKの「再インストールを行う前に、ライセンス認証に関する以下のフォルダを削除することをお勧めします」だけです。しかもこの順番でやるのはお勧めしません。まず、アンインストールする前に「以下のフォルダ」を削除します。Adobeのソフトを立ち上げます。シリアル番号が要求されますので入力します。これでOKです。もしだめならAdobeのソフトをひとつ、どれでもアンインストールして再インストールします。

まあ、これでもだめならAdobeのサポートに怒鳴り込んでください。

Comments are closed.




↑ Top