海外渡航時の携帯電話

マトリックスで考えるのがいつでも良いとは思わないのだけれど、軸の設定によっては問題をすっきりとするのに効果がある。ここで考える2軸は

プリペイド ポストペイド
国際ローミング
ローカルオペレータ

という二軸。

普段、我々はローカルオペレータとポストペイドの契約を結び、携帯電話を使用している。海外でも同様にローカルオペレータ+ポストペイドが選択できれば問題はないのだが、これは半分海外に住んでいるような場合以外は使えない。そこで、選択肢は

  • 国際ローミング + ポストペイド
  • 国際ローミング + プリペイド
  • ローカルオペレータ + プリペイド

ということになる。

国際ローミング + ポストペイドの組み合わせの場合、かつてはモベルのポストペイドSIMぐらいしか選択肢がなかったが、今日では日本国内のオペレータのほとんどがGSMでも使用可能な端末を供給しているので、そのような端末さえ手に入れれば後は簡単な手続きだけで国内で使用している携帯電話が海外でも使用可能となる。ただし、通話料は非常に高額に上り、発話だけでなく受話にも料金がかかるのが普通である。この方法は精神的語学的な負担も含めて導入コストは低いが、運用コストが非常に高くなる方法である。

一方、通話料金を押さえる一番よい方法は渡航先のローカルオペレータと契約することなのだが、この場合必然的に渡航先ごとのプリペイドの契約ということになり、無駄も多いし精神的語学的な負担も含めて運用コストは決して低いわけではない。

多くの国で受信料がかからず、通話料も日本のオペレータ程ではないのが国際ローミング専用のSIMカードである。ポストペイドはモベルから、プリペイドは各社から出ている。これは、上手に使うと非常に便利なのだが、これはこれでいくつも問題を抱えている。最悪の場合、導入コストも運用コストも精神的語学的負担もすべて高くつくことになり兼ねない。

あとは、各自が自分の利用法とメリットデメリットを鑑みて選択すればよいのだが、日本のオペレータがGSM対応ケータイを出している今となっては、もう国際ローミング専用SIMという選択は除外してよいように思う。

従って、

  1. 海外でもがんがん携帯電話で通話をしたい場合には「ローカルオペレータ + プリペイド」
  2. せいぜい一日に数回しかかけないのであれば日本のGSM対応端末で国際ローミング

という選択でよいのではないかと思う。

で、私はというと、「ローカルオペレータ + プリペイド」

いやー、携帯電話って便利だよねえ。

あとがき

どのくらい電話を使うかっていうのは結局誰と電話するかって事なんだよね。

私の場合1番はかみさん。待ち合わせとかで普段からトランシーバのように使っている。実際ケータイ電話のことを我が家ではケータイとは呼ばずにトランシーバと呼んでいる。そのため、オペレータはソフトバンク。料金コースはホワイト家族24。で24時間定額通話。海外に行ったときも同じような感じで通話しようと思うとどうしてもローカルオペレータのSIMということになる。このケータイ電話のおかげで海外で相方を野放しに出来るようになった。(と、お互いに思っている。)

2番目はO大学のY准教授とかH大学のM教授夫妻とかC大学のS准教授とか国際会議でよく一緒になる知人との待ち合わせの連絡。みんな本会場にいないことが多いから。この場合はローカルオペレータからだと国際電話扱いになるだけでなく、わけわからん電話番号からの着信としてなかなか電話に出てもらえなかったりもする。

3番目は食事等の予約。いきなり行ってもたいていは食わせてくれるんだけど、ちょっと気取ったところだと予約が必要なところも少なくない。とっても偏ったサンプリングなんだけど、インペリアルカレッジから歩いていけるような距離にまあいいかなと思えるインディアン(*1)が4軒あるんだけどそのうち1軒はどんなに空いていても予約してないと入れてもらえない。一時間前に電話を入れるだけで誰でもOKなんで、ほとんど形式的なもんなんだけど携帯電話があると結構便利。
以前はホテルなんかから電話を入れていたんだけど、学会会場で情報を仕入れることもよくあるので。

4番目は北京に行ったときにそんな商売があることを知ったんだけど、京劇を見に行こうと思ったのね。で、ガイドブックを見て電話をしてみると、チケットを買っといてくれるっていうわけ。で、それをどうやって渡すかっていうと現地で現金と引き換えってわけだけど、そのときの本人確認にケータイ電話を使うっていうのよ。つまり時間に劇場に到着したら向こうが指定した番号に電話をしろと。でもってそのタイミングで電話に出た奴が業者で話が通じれば本人が確認できるってわけ。見ず知らずの人間が待ち合わせるには結構うまい方法だと思える。必要以上の個人情報を交換/公開しないで済むからね。(*2)ただし、ダフ屋には注意。このときお願いした業者さんはチケット代のみ。もちろん劇場が売ってるリーテイルプライスなわけで、チケット業者用の価格(卸値みたいなの?)はもっと安いのかもしれないし、どうも劇場の人とコンビを組んで、茶菓やパンフで儲けるというのがそこのビジネスモデルのようだ。我々も茶菓や酒肴はご遠慮申し上げたが、京劇のパンフは購入した。

最後のは、これはまったくもって緊急事態用。幸い事故や病気や怪我などで使ったことはないが。ケータイ電話以前にクレジットカード入りの財布を落としたことがあって、そのときはホテルから電話をしたんだけど、ああいうときはいくら通話料がかかってもいいからすぐにケータイ電話でカードが止められると精神衛生上とってもいい。

(*1) インド料理店のこと

(*2) よく空港のアライバルで名前を書いた紙を持ってる人をみかけるけど、あれってソーシャルエンジニアリング対策的には結構危険だと思わないか

Leave a Reply

Using Gravatars in the comments - get your own and be recognized!

XHTML: These are some of the tags you can use: <a href=""> <b> <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>