携帯電話 vs PDA

WillcomからW-Zero3の発表があった後、匿名掲示板で所謂ファンとアンチの大論争というか、泥沼のフレームというか、大ネガティブキャンペーンというか、があった。曰く、受信が不安定、遅い、重い、電池が保たない、などなど。これはそのときに買うや買わざるやを自問したときの考察。一見否定的に見えるかもしれないが、私の意見はやっと使い物になるPDAが出たというものだった。これは、初代Zaurusから何台も各種PDAを使ってきたGadget狂の意見と思ってもらってよい。実際、W-Zero3以降は機種こそWS003SH-WS007SH-iPod touch-iPhone3Gと変遷があるが、常に何かしらのPDAを携帯し使ってきた。それまでは、Linux Zaurusを使っていても、すぐに机の上に忘れたままで会議に行ったりしていたが、W-Zero3以降は決してそんなことはなくなった。結局電話機能と携帯電話網を利用した広域ネットワークこそがPDAに必要な機能だったのだ。

さて、

おじさんに必要な携帯端末の条件とは何か?

おじさんたちは携帯電話なんぞなかったころからそれなりに仕事をしているわけだが、仕事の仕方を大きく変えたGadgetはケータイ・PHSではなく実はポケベルではなかったかと思う。もちろん単に今のおじさんはポケベルのころはまだ若かったのでついていけたが、今のケータイにはついて行けてないということかもしれないが。

おじさんは高機能なケータイを持たせてもその機能を使いこなすことはできないし、多機能なケータイを持たせてもそんな機能はそもそも必要としていない。おじさんに必要なのは、

  • どこでも公衆電話
  • 高機能ポケベル

であって、それ以外は必要ないし、使わない。

それって結局現状海外で広く使われている「通話+SMS」というオペレータ(キャリア)とは関係なく使える機能なんだよね。残念ながら日本ではオペレータを越えたSMSが送れないという仕様になっているのが間抜けなんだが。

つづく。

Leave a Reply

Using Gravatars in the comments - get your own and be recognized!

XHTML: These are some of the tags you can use: <a href=""> <b> <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>